ウェディング

服装のマナー

結婚式のドレスコード

ドレス

結婚式場に入るためには、「それなりの服装」というものが実は必要です。何を着ていってもいいというわけではないのです。
もちろん、常識を持っている人なら、まさかトレーナーとジーンズで行っていい場所であるとは思わないでしょう。それでは……何というか、あまりにカジュアルすぎます。
だからと言って、スーツなどを着ていくというのも、堅苦しい感じがしてよくないと言われます。トレーナーよりはマシですが、もうちょっとリラックスしてもいいのに……という気分になってしまうのです。
目指すべきなのは、ラフすぎない、カジュアルすぎない、堅苦しすぎない、ちょうど良いところ。
ちょっと間違ってしまったら、「あの人はマナーを知らない人」という烙印を押されてしまいます。ぜひ、気をつけていきましょう。

ドレスを着て

トレーナーもダメ、スーツも良くないというわけで、一番いいのはやはりドレスということになります。
ふだんの生活でも着ることが出来るようなラフなドレスから、ルイ王朝みたいなバッチリしたドレスまで、とにかく「ドレス」という服には幅があるので、こういうときにはうってつけなのです。
ほどよく品もあって、暗すぎるということもなくて、結婚式にはぴったりだと言えるでしょう。
ただし、ドレスだからといって何でもいいというわけではないので、ここもまた注意が必要です。一定の「ドレスコード」というものが存在していて、それにパスした服装が望ましいとされているのです。
「望ましい服装」を目指しましょう。そうすることで、あなたの身近な人の晴れの舞台を盛り上げることが出来るようになるのです。